シンガログ
ブログ開設

★6月11~12日★ 教会音楽とフラメンコの融合

【今回のテーマは、ミサ・フラメンカ】
教会音楽とフラメンコの融合をお届けします。
全てがライブ!生演奏。
ミュージシャンや振り付け師が豪華なのも見所の一つ。

6月11-12日の土日、計3公演。
Dhoby Ghaut駅すぐのSOTA Drama Theatre。
ご家族でご覧頂けます!
http://www.sistic.com.sg/events/cmisa0616

=============================================
【出演者を紹介!!】
■Artistic Diretcor:Antonio Vargas
今回の舞台の総監督及び、振り付け。
アジア・オセアニア・アメリカなどのフラメンコ界のパイオニア的存在でもあり、Mission Impossibleなどの映画、ビートルズのMVにも出演経験あり。
http://www.flamencosinfronteras.com.sg/...

■シンガポールでも有名な指揮者 / Dr.Robert Casteels
http://www.robertcasteels.com/biography

■コーラスグループ by Leslie Tay
シンガポールを代表するテノール歌手。
ニューヨーク、ボストン、ブルックリンなどでも経験。
http://www.leslietaytenor.com/html/about.php

■振り付け(一部):Manuel Linan
スペイン国立バレエ団の振り付けも担当している、スペインを代表するフラメンコアーティスト。
今回、シンガポールのFlamenco SIn Frontearsのメンバーに振り付け。
舞台ではその曲も披露(椅子を使用)。

フラメンコシンガー:Antonio Soria
スペイン・マラガ出身。著名なアーティストと共に経験をし、現在はオーストラリアを拠点に活躍中。
パワフルな歌声が印象的。

フラメンコギタリスト:Sergio Munoz
バルセロナ出身、12歳からギターを始め、16歳で賞を受賞。
これまでメキシコ、ポーランド、アメリカ、ヨーロッパ、中国、台湾などにて経験のある若手ギタリスト。

■Flamenco Sin Fronteras
20年以上経験のある踊り手を始め、シンガポール政府などのイベントでも舞台経験のあるシンガポールで活躍するFlamenco Sin Fronterasのカンパニーメンバー。

MISAFLAMENCA.jpg

Check





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.singalog.com/MT/mt-tb.cgi/831

コメントする

カテゴリ